検査・計測・測定装置、FAシステム、無人化・省電力化装置、各種制御装置の開発・設計・製造

Nippon System Technology 株式会社エヌエスティー

電話番号:053-428-4311 ホームページからのお問い合わせ

日本語 / English

各種モータ検査装置 レゾルバ特性評価装置 RI-1000

  1. レゾルバ特性評価装置 RI-1000
ステータ偏芯およびロータ偏芯させた状態での
出力誤差を0.01°の高分解能で測定可能

次世代のレゾルバ評価に最適

レゾルバ特性評価装置 RI-1000

レゾルバの基本性能、モータへの取付規格を評価できます。

レゾルバ特性評価装置

  • レゾルバ特性評価装置

本製品でできること

 EV化が急激に進む市場の中で、効率UPのためにレゾルバの角度誤差が及ぼす影響が重要になっています。
 本装置はレゾルバの特性を評価する装置で、インピーダンス等の電気特性を偏芯させた状態で測定する事ができます。
 偏芯は、ステータおよびロータに対して水平方向への偏芯、軸芯傾き、スラスト方向オフセットに対応しています。
 また、偏芯させた状態でレゾルバの角度誤差を測定することが可能です。

装置イメージ

(偏芯説明)
偏芯説明

  • 導入をご検討のお客様へ

    仕様・カタログダウンロード

製品の特長・仕様・活用事例

製品特長次世代のレゾルバ評価に最適!

ステータ取付ステージとロータ取付シャフトを補間制御させることで、ロータ偏芯、ロータ軸傾きの
角度誤差を測定可能
電気特性試験と偏芯特性試験を同時に行うことが可能
最高12,000rpmでの角度誤差測定が可能

基本仕様

対象ワーク ステータ外径 φ30~φ320/厚さ50mmまで
ワーク内径 φ10~φ185/厚さ10mmまで
軸倍角 1~12
励磁信号 周波数 5KHz~20KHz
定電圧/定電流 切換式
定電圧 1VP-P~20VP-P
定電流 ~200mAP-P
電気特性試験 試験回転数 10rpm~20rpm
回転方向 時計回り/反時計回り
測定項目
 ・1次/2次インピーダンス,1次/2次インダクタンス
 ・1次/2次レジスタンス,1次/2次リアクタンス
 ・初期電気角誤差
 ・1次電圧,1次電流
 ・変圧比,電流比,レゾルバ位相差 ※基準角度精度 20 arcsecondP-P
 ・角度誤差(0.1°ピッチ)
偏芯特性試験 ステータ偏芯±1.5mm, 精度±15μm以下
ロータ偏芯±1.5mm, 精度±15μm以下
ステータ軸傾き±2°, 精度±0.02°以下
ロータ軸傾き±2°, 精度±0.02°以下
スラストオフセット±4mm, 精度±15μm以下
基準角度 0.1°
角度誤差分解能 0.01°
高速回転試験 回転数 MAX12,000rpm
モード 一定回転/スイープ/マニュアル
プログラム運転 偏芯特性および高速回転の各試験においては、最大500ステップのプログラム運転が可能
  • 導入をご検討のお客様へ

    仕様・カタログダウンロード

本製品に関するお問い合せ

ページの先頭へ